テディベアブランド【HERMANN Teddy Online Shop】

テディ・ハーマン・シールについて

テディ・ハーマン・シール1高品質の商品を製造する会社として、その商品が一意的に認識していただけるような印をつけるということは、最も重要なことの一つです。

うまく設立され、よく知られたブランドというものは、一定のレベルの高品質の製品を提供することによって生産者と顧客を同等に保護し、製品の信頼の基盤として機能します。

1920年代から、私たちの創立者であるベルンハルト・ハーマンはレターヘッドにトレードマークと会社のロゴを使用し、ぬいぐるみたちに品質のタグとシールも使用しました。

ベルンハルトはスケッチされた地球に書かれたBernhard Hermannの頭文字であるBEHAというレタリングを使用しました。地球は上にテディ・ベアが乗っており、2匹目のテディ・ベア、車輪のついたフォックス・テリア、そして猫が前に配置されています。

1920年代半ばには、ベルンハルト・ハーマンはBEHA QUALITY GERMANYという白いレタリングの入った赤いトレードマークも使用していました。このトレードマークは今のトレードマークに既に良く似ていますね。

1930年代には、基本的には同じシールですが異なった言葉が使用されました。新しいシールは金色に青い文字で “Marke BEHA burgt fur Wualitat”(BEHAのトレードマークは品質の象徴です)とあり、ワックス・シールの縁に似せた、より不規則な形をした縁取りを採用しました。このシールは1945年まで使用されていました。

そして再び、シールに記されるモットーが“Hermann Teddy burgt fur Wualitat”(ハーマン・テディは品質の象徴です)に変更され、今は緑のレタリングとなっています。

1950年代には、再び変化がありました。その時から、品質シールは“Hermann Teddy Original”となり、金色の背景に緑色の文字となりました。“Hermann Teddy Original”の文字が入ったこのシールの全体的なデザインと見た目は、ドイツ商標局に1954年4月27日に登録され、この時から基本的に変わることなく使用されています。唯一の例外は、シールの色です!

1954年より、20cm(8インチ)までの小さな商品には赤い文字で“Hermann Teddy Original”と入った金色の小さな金属タグがつけられました。それよりも大きな、ベアを含むぬいぐるみには“Hermann Teddy Original”と緑の文字が入った金色の厚紙のシールが付けられました。この金属タグよりも大きな厚紙のシールは1952年から1980年までの間に2つのサイズで作られ、特別版のベアには1980年以降にもこの金色のシールが付けられることが続けられました。

短期間ではありましたが、黒、赤、そして金色の大きな厚紙のシールで、下側の縁を歩いているクマがのっているものが、1965年から1970年の間に使用されていました。赤と金色のプラスチックのシールは1970年代に最初に使用されました。1972年から1978年の間に製造されたベアには、真ん中が金色で深い赤茶の縁をした、おなじみの”Hermann Teddy Original”の文字が緑色で入ったシールがつけられたものもいます。このシールはエージングされた金色のシルクで作られたねじられた紐で動物たちに付けられました。
テディ・ハーマン・シール2

テディ・ハーマン・シール3そしてとうとう、金色の文字の入った初めての赤いプラスチックのシールが1977年に登場しました。それらは直径33ミリで真鍮色の紐がついていました。
1980年代には、小さな金属のタグ、金色と緑の厚紙のシール、そして赤いプラスチックのシールなどの様々なシールが使用されていました。さらに、1980年代に製造されていた“Teddy-super soft with golden seal”(テディ-金色のシールのついたこの上ない柔らかさ)というコレクションは他のコレクションと区別するための目立つシールとして、金色のプラスチックシールが付けられました。

最後に、1990年から、金色の文字の入った赤いシールの小さなバージョンが使用されています。テディ・ハーマンは文字通り、「文字とシール」によってその品質を保証しております。モヘアの品質の違いによって特別なラベルがつけられているのは、人口繊維であるドラロンとは違うお手入れの仕方や扱いが必要なためです。

1980年代半ばからは、すべてのぬいぐるみの動物たちに商品番号と詳細なお手入れの説明がのったタグが付けられるようになりました。比較的安価なコレクションである“HERMANN Teddy 2000”(ハーマン・テディ2000)には灰色と赤色の文字の入った白いタグが付けられました。

2002年からは、その次のコレクションである“Hermann Teddy Collection”(ハーマン・テディ・コレクション)の動物たちに赤、黄色、オレンジの色とりどりの文字で“Teddy”と入ったタグが付けられ、2007年からはこのタグは赤いシールの外観をしています。

広告や漫画のキャラクターはテディ・ハーマンが独占的ライセンスを得て作り出す特別な物です。たとえば、“Kater Murr”(猫のマー)や“Petzi and his friends”(ペッツィと友達)といった製品はお客様の特別なご希望とご要望によりシールとタグが付けられました。限定版のベアや動物は、シールやお手入れの説明のほかに、個々の限定番号の証明書が付けられます。これらは手作業で行われます。さらに、ピュアなモヘアでできた動物達にはヤギのシンボルと“Mohair”(モヘア)の文字の入った金色と白のラベルもつけられます。

また、テディ・ハーマンの製品には腕や足の縫い目に直接縫いつけられた布地のラベルがあります。1980年までは緑色の字で“HERMANN Teddy ORIGINAL Made in West Germany”(西ドイツ製ハーマン・テディ・オリジナル)という文字が使用され、1985年からは同じ言葉が茶色で印刷され、使用されているビロードのタイプについての情報が載せられていました。1988年からは、これらのラベルはオフ・ホワイト色になり、ハーマン・テディ・オリジナルのトレードマークの外観にパイルと基材についての情報が載せられました。

テディ・ハーマン・シール41993年からは身長20cm(8インチ)を超える全てのモヘア・ベアに真鍮色の金属のテディ・シールもまた付けられました。そのシールは安全な金属クリップを使用してベアの後頭部に取り外せないようにつけられています。